電子マネーは、ICカードやスマートフォンなどに現金をチャージして支払いなどに使える仕組みです。チャージをいつ行うか、使える店はどれくらいあるかなどそれぞれの電子マネーで特徴が異なります。自分に合ったものを選択しないといけません。

何を基準に選ぶか

どんなお店で使えるかを知ろう

鉄道に乗るとき、通勤や通学なら定期を持っていると便利です。その都度切符を買う必要はありませんし、バスの料金を支払う手間もありません。しかし通勤経路以外では定期がありません。その都度切符を購入したり…

もっと見る

チャージのタイミングで選ぶ

買い物にはいろいろあり、生活に必要なものの購入もあれば、今はいらないが将来いるものなどを念のためと買うときもあります。また洋服などを衝動買いしてしまうときもあるでしょう。生活に必要なものだけを買っ…

もっと見る

ポイントの還元率はどれくらい?

電子マネーはクレジットカードとは違い予め決められた金額だけ利用できるのがメリットです。これにより使いすぎを回避できるので安全に支払いをしたいときにいいでしょう。商品の数はかなり多く用意されているの…

もっと見る

取得方法の種類

電子マネーは色々な運営団体から発行されていますが、無料で誰でも使えるタイプは少ないです。有料で購入が必要であったり、発行時に預かり金を提供しないといけないタイプもあります。取得方法の種類を知っておきましょう。

ICカードタイプはどうやって取得する?

スマホにインストールするタイプって?

クレジットカードと連携するタイプ

カード型の電子マネー

数ある電子マネーの中で最も多いタイプがカード型の電子マネーでしょう。同じ電子マネーでもお店などによってデザインやポイントの付与体系が異なっています。 カード型の電子マネーの中でクレジットカードと連携しているものも多いですが、大きく分けて2種類のものが存在します。1種類目は、チャージして使用するタイプの電子マネーで残高が少なくなったら自動的にクレジットカードからチャージが行われるというものです。残高を気にすること無くチャージタイプの電子マネーを使用することが出来るので非常に便利になっています。2種類目はクレジットカードから支払いが行われるタイプの電子マネーです。クレジットカードとほぼ同じですが、ICカードになっているのでタッチで決済が可能です。

電子マネーを使用することで得られるメリット

クレジットカードを使用できるお店で電子マネーも使用できる場合、基本的にはクレジットカードではなく電子マネーで支払いを行ったほうがオトクなことが多いです。クレジットカードからのチャージでクレジットカードのポイントやキャッシュバックが受けられる場合には、その点に関してはクレジットカードで支払いする場合と差はありませんが電子マネーで支払いをする場合に付与されるポイントの分電子マネーの方がお得になります。また、大手家電量販店の場合など、クレジットカードで支払いをした場合のポイント付与率と電子マネーで支払いをした場合のポイント付与率が異なることも多いので、そういった点からも電子マネーの方がメリット大きいのです。